先日は土用の丑の日でしたね。皆さん、うなぎは食べられましたか?

「土用の丑の日」=「うなぎを食べる日」と認識している方も多いのではないでしょうか。

unagi

<<そもそも土用の丑の日って?>>

雑節の一つです。土用の期間は春夏秋冬それぞれにあります。

昔から、土用の期間は土公神(どくじん・土を司る神様)が支配する時期で土の気が盛んになると考えられており、土を動かす作業や殺生を忌む習慣がありました。

<<なぜうなぎを食べる習慣に?>>

江戸時代、平賀源内(発明家で蘭学者)が決めたという説が有力です。

江戸時代にうなぎが売れなくなって困っていたうなぎ屋が平賀源内に相談したところ、「丑の日にちなんで「う」から始まる食べ物を食べると夏負けしない」という風習があったことから「本日、丑の日という張り紙を店に貼りなさい」とアドバイスをし、その張り紙の効果でうなぎ屋は大繁盛したそうです。

unagi2

<<ちなみにうなぎの旬は?>>

春夏秋冬土用の丑の日はありますが、一般的に「土用の丑の日」というと、夏にうなぎを食べる習慣がありますが、うなぎの旬は「冬」だそうです。


Comments are closed