<1915年にアメリカで制定したのが始まり>

動物を愛し、動物と人間の絆を強めることを目的として定められた記念週間。日本では9/20〜26日までの一週間、様々な取り組みが実施されます。動物愛護週間のポスターデザインコンクールが今年も行われ、最優秀賞作品が選ばれました。

<共に生きる〜シニアペットとシルバー世代〜>

上記をメインテーマとし、環境省が今年の4月〜5月の間に作品を募集。全国から238点の応募があったそうです。

動物愛護ポスター(令和元年)

「飼い主にはペットの命を預かる責任と社会に対する責任があります。ペットが歳をとった時のこと、また、ペットの寿命を考え、飼い主自身が高齢になって病気や入院などで世話ができなくなった時のことも想定し、心構えと準備をしておくことが重要」との想いから、上記がメインテーマとなったとのこと。

<9月23日(日・祝)は動物愛護フェスティバル>

今年も動物愛護の日である9/23に、西部緑地公園(芝生広場)で実施されます。(石川さんふわふわの隣)

弊社は「北陸動物葬祭協会」通称「北動協」ブースにて9:30〜15:00まで参加しております。素敵なプレゼントをご用意してお待ちしております。プレゼントは先着順ですので、午前中がおすすめです。

愛護

愛護2

 


Comments are closed